2008年06月23日

復活☆

先週は、心が荒れに荒れていました〜≧(´▽`)≦アハハハ
週末からは復活していましたが・・・

睡眠不足と体調不良が重なったようです・・・
そんな時もあーる!!!( ̄ー ̄)(ー_ー)ウンウン
そんな自分も認めて、試験へ向かっていきたいと思います。

心が荒れていた時に・・・再度同じ本を読みました。

★勉強の楽しさを取り戻したい時に・・・
【脳を活かす勉強法/茂木健一郎】
■人間の幸せは、生き生きとした興奮状態を人生の節々で持てること、日々新しい発見に興奮できることではないか?
■自分と勉強の距離をゼロにする
■思い立ったらパッと勉強に入ってしまえばいい。勉強を始めたら瞬間的に集中する。勉強の準備に時間をかけない。
■読書はすべての基本に通じる。読書は脳をクールダウンさせるのにもっとも適している。
■茂木さんは、小学生の頃から年間200冊という量の本を読んでいる。
■フロー状態(リラックスして、最大の能力を発揮できる状態)の時は驚くほど学習の密度が上がり、快感を得ることができる。このフロー状態の時の感覚を覚えておくことが大切。これが勉強に対するモチベーションにつながる。
■弱点と対峙する時は苦痛を伴うが、逃げてはいけない。弱点を持っていたら、むしろチャンスだと思った方がいい。それを本気で乗り越えたいと願望が強くないとチャンスとして生かしきることはできない。
■正しい勉強法とは、自分の欠点や弱点を、ミスを直視できるか。そしてその原因を自分自身で論理的に突き詰め、修正できるかということ。
■その後の人生を変えてしまう出来事を経験することを「一回性」と言う。優秀な人と出会える環境に身を置くことで、遭遇する確立を上げることができる。
■動物には共感回路が備わっている。「知」や「学習」を大切にする環境にいると、勉強が習慣化しやすくなる。

★モチベーションを燃やし続けるために・・・
【人生を変える!心のブレーキの外し方/石井裕之】
■ありがたいと感じたなら、その感謝を形にして自分のものとしなさい。反省したなら、その反省を形にして自分のものとしなさい。憧れを感じたなら、その夢を形として自分のものとしなさい。
■気分が高揚したら、その場で「行動」に変える。感謝の気持ちを小さなプレゼントで表現する。「いいアイデア」だと思ったら、すぐに7通りの活用例を考える。「いい言葉だな」と感じたら、すぐに会話の中で使ってみる。
■答えの出ない悩みは、百害あって一利なしと考える。
■どんな状況にあっても「今、できること」だけを考え、それを実行する。
■過ぎたことを悔やんだり、先のことを心配したり、できないことをいくら思っても、そこには何もなし。潜在意識にとっては、「今、この瞬間」しかない。
■自分が理想の自分を演じる。
目標を実現した自分が言うにふさわしい言葉をしゃべる。
目標を実現した自分が歩いているように、堂々と歩く。
目標を実現した自分がするであろうように、おおらかに人を許す。

今週も頑張るぞぉ〜(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
posted by sleep at 09:29| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101337219

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。